子音のリンキングについて want toはウォントゥ、need toはニートゥ

英語は子音が連続して続く場合、1つにまとめて発音する傾向にあります。

例えば”want to”だと[wont-too]ではなく[won-tuh]、

“need to”だと[need-too]ではなく[nee-thu]と発音します。

※[uh]の母音表記は曖昧母音

 

この様に英語の発音は単語の組み合わせ次第で音が変化します。

“should be”だと[shood-bee]ではなく[shoo’-bee]、

“supposed to”だと[suhpohzd-too]ではなく[suhpohz-too]

 

ここまでで何となく規則性が読めてきましたか?

そう、単語の語尾と次の単語の頭がどちらも子音の時は、

これらの子音は1つになり、

後の単語の頭の子音が、その前の単語の語尾の子音を喰います。

なので[need to]が[neetoo]に、そしてアクセントをneeの方に置くので、

“to”の母音は曖昧日し、[nee-tuh(曖昧母音)]と発音されます。

 

“I need to know that.”だと、

[ahy-nee-tuh(曖昧)-noh-thuh(曖昧)]という風になります。

 

発音レッスンのスケジュールですが、

年末年始までスケジュールをアップデートしました。

ご予約はお早めにどうぞ^^

http://dr-d.jp/schedule/

Dr.D
About Dr.D 579 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.