ビジネスで使える英語力とはどの程度なのか?

仕事で英語を使うと言っても内容は人によって、また業種によっても様々です。

電話応対で誰かに取り次ぐだけでよい人もいれば、営業などで説明力や交渉力が求められるケース、更には通訳ともなると相当な速さのレスポンスが求められます。

ですので、今回は「これから海外とやりとりする機会が増えて、英語で商品や契約内容などの説明をしなくてはならない」、そんなケースで話を進めたいと思います。

こういった営業職に必要なのはやはり、まずは説明力。どれだけ正確に情報を伝え、そして相手からの情報を引き出す能力が必要です。

ちなみにTOEICで700点もあればそれは可能です。

まず「正確に情報を伝える」というとどうしても完璧な英語でもって説明しなければいけないと思いがちですが、実はそうでもありません。

ちなみに文法の正確さを気にしていると、そのことに気を取られて随分と話すテンポが悪くなったりして結局支離滅裂になりがちなのです。(レッスンをしているとそういう傾向があります。)

それよりも一つのことをどれだけテンポよく色んな方向で説明できるか、の方がより大切でしょう。ある言い方であまり伝わっていないようであれば、すぐさま違う言い回しでもう一度話す。伝わるまで色んなアプローチで話す。これが大切です。

なので色んな方向で一つのことを瞬間的に言い換えられるようになる必要があります。

これには”Paraphrase”(パラフレーズ)というトレーニングがぴったりです。パラフレーズとはフレーズの言い換えです。例えば、

Why do we not have a cooperate business in Japan?

「日本で一緒にビジネスをしませんか?」

これでもし相手がピンときていないようであればすぐさま違う言い回し方で伝えます。

I think it would be great if we could do some business together in Japan. What do you think?

What do you think of us starting a new business together in Japan?

など、瞬間的に様々な言い回しが出来るようになるととてもコミュニケーションが上手く行きます。一発目で理解してもらおうとしてはなりません。あくまで言葉を色々と積み上げていって最終的に理解までたどり着きます。

ちなみにこれはこちらが聞く側であっても同じことです。イマイチ伝わってこなければすぐさま、

What do you mean by having a cooperative business?

「一緒にビジネスってどういう事?」

と聞いて、話をもっと積み上げさせなくてはなりません。文化背景の違う物同士が一言でお互いがバチッと理解し合うのなんて、どんなに英語力があったとしても到底ムリでしょう。

一発で決めようとせずに、フレーズを色々と積み上げながら理解していけばいいのです。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ