リエゾンの秘密 英語は息を吐き出しながら発音する

日本人の英語の発音は単語を一つ一つ丁寧に発音しがちです。

でもネイティブは勿論の事、英語を話す人の殆どの発音は

フレーズをひとかたまりに繋げて発音します。

ちょっとネイティブの英語を聞いてみましょう。

たとえばMONICAのセリフの"Oh my god, Oh my god, Oh my god…"

これも全部声が繋がっていますよね?

 

試しに声を垂れ流しにした状態で発音してみて下さい。

"Oh my god, Oh my god, Oh my god…"

 

そうすると自然にリエゾンしませんか?

"Oh my god, Oh my god, Oh my god…"

無理矢理カタカナで書くとこんなかんじで。

「オーマイガーローマイガーローマイガー」

"god"と次の"oh"が自然とくっついて、「ガーローマイ…」

って感じになると思います。

 

こうやって息を吐きながら、声を垂れ流しの状態でワンフレーズを発音すると

自然と言葉はリエゾンします。

 

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。