声門で母音を作り、息をたっぷりつかって子音を鳴らす

英語と日本語の発音の違いに、「音を作る場所」と「使う息の量」があります。

まず母音の音。

日本語は口先で音を作ります。

英語は声門(喉元)辺りで音を作ります。

よって英語の音のほうが響きのある深い音になります。

試しに「ア エ イ オ ウ」といつもと同じように言った後に、

今度は「声門辺り(喉元)」で音を鳴らすようにして同じことを言ってみてください。

鳴らすポジションはあくびをした時に違和感を感じる辺りです。

だいぶニュアンスが違う「声」になったはずです。

ちょっと喉元が「からから」とか「じりじり」とか、そんな感じでいつもより響いていますか?

 

そしたらその次は子音です。

基本的にフレーズをひとまとめに発音します。

What a beautiful day! 

「わった びゅーてぃふぉー でぃー」

って感じじゃなくて、

「わらびゅーれふぉーれい」って一気に一息で言い切る感じです。

とにかく息の量を普段の2倍位にして、

一気に吐きながら子音が口に引っかかる感じを掴んでみましょう。

What a beautiful day!!

Have a great weekend!

Cheers,

 

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。