男性の発音と女性の英語発音の共通点と違い「声の床」アプローチ

「声の床」を敷く。声は音の振動。

その振動を「声の床」の上で跳ねさせるようにフレーズ全体をリズミカルに発音する。

 

例えばこの男性のスピーチの声を聞いてみてください。

ある一定の音程までフレーズの度に声が落ちています。毎回そこに落ち着いている感じがします。


 

今度は女性のスピーチです。

これも音程は男性より高い部分にありますが基本的には同じで、ある一定の箇所まで声がフレーズの度に落ちています。

 

その一定の音程が落ち着く場所を「声の床」と捉えてみました。

そうすると、その「声の床」を跳ねるように発音すると、丁度いい具合に声に幅が出来ます。

ちょっとしたアプローチですが、もし良かったらそういう感じ方で発音してみて下さい。

 

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Dr.Dの発音レッスン動画が見放題!

Facebook
Twitter
Google+
https://dr-d.jp/2014/01/16/%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%9F%B3%E3%81%A8%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E7%99%BA%E9%9F%B3/">
RSS
Follow by Email