英語はどうやったら話せる様になるの?

どうやったら英語って話せる様になりますか?」という質問をよく受けます。

そこで私Dr.Dが考える「話せる様になる為に必要な条件」の最も大切なことをお話ししようと思います。

 

「あれやこれや考える前に、まず毎日少しでも沢山英語を声に出す事

これに尽きると思います。

 

とにかく何度も「フレーズ」を正しい発音で声に出す。そのフレーズが体に馴染むまで、自然とイメージが湧くまで何度も何度も声に出して練習します。

よくレッスンでも言っていますが、これは野球選手で言えば「素振り」の練習です。これを毎日欠かさない事!頭で理解したところで使えなければ、相手に伝わらなければ、それは宝の持ち腐れです。

 

継続は力なり!

英語が自然に話せる様になりたければこれを必ず行いましょう。

どんどん新しい事に挑戦するのも大切ですが、結局基盤がしっかりしていなければ、全て無駄になるでしょう。

その為に正しい発音とリズム感を身に付けて、そして何度も何度も英語フレーズを体に叩き込みましょう。

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。