良く響く「声」は英語の発音が良くなるだけではなく言葉に説得力も持たせる

ビジネスで英語を使っていらっしゃる方へ。

英語を使っての交渉やビジネスの場で不安を感じることはありませんか?

 

「相手の言っていることを自分はちゃんと把握できたのか?」

「自分の英語は本当に伝わっているのか?」

「間違った英語を話して相手に舐められてはいないか?」

 

日本人ならこういった色んな不安があるのは当然じゃないかと思います。

これに関して一つアドバイスがあります。

 

相手のペースに惑わされることなく、

相手の言っていることがいまいち掴めない時は、具体的にポイントを突いた質問を投げかけましょう。

仕事なら予め何のことについて話し合っているのかは、お互いに把握しているはずです。

なので話をぼかすことなく、なんとなく流すことなく具体的なポイントをダイレクトに突く事です。

例えば、「数字」「日程」「一連の段取り」「値段」「連絡や報告の手順」などです。

 

そして自分が話すときも同じで、相手のペースに合わせずに、

まずはしっかりと響く「声」でゆっくり話してみましょう。

そうするだけできっと相手は少なくとも「聞く耳」を持ってくれるでしょう。

 

なんとなく相手の流れに乗ってしまうことは一番危険です。

なので必ず自分のペースを守り、出来れば相手を自分のペースに引き込んでいきましょう。

 

そんな時にやはり一番役に立つのは「良く響く声」です。

英語の正確さなんかより、「声」が弱いほうがよっぽど舐められてしまいます。

また世界のビジネスシーンで英語を話すほとんどの人は英語のネイティブではありません。

 

一番大切な事は「伝わる事」なのです。

例えばこういった経験はありませんか?

 

白人男性と話していて何となく相手の言っていることに無条件に納得してしまった。

 

これは相手の話している内容よりも寧ろ「印象」の部分が殆どでしょう。

「内容」よりも「印象」で納得させられてしまっているわけです。

何となく白人を上に見てしまう。

否定されるかもしれませんが、きっと殆どの日本人はそういったコンプレックスを持っています。

海外経験が長い人でさせそうでしょう。

いや、むしろ海外経験がある人のほうがそういう傾向があります。

なので上から言われたことは何となく納得してしまう。

 

あともう一つ大きな要因「声」です。

アジア人に比べて欧米人の声は良く響きます。

これはネイティブ言語の「発声方法の違い」からくるものが大きな要因です。

その「よく響く声」に慣れていない人は、その「声」に多少なりとも圧倒されてしまいます。

そして知らず知らずのうちに言われたことを「納得」してしまうわけです。

 

ですので、英語で行われるビジネス取引では、「良く響く声」は物凄く有効的に相手を説得します。

これは英語の発音上達だけではなく、相手をMy Worldへ引き込んでいくテクニックでもあります。

「上手な英語」よりも、こういった「力強い英語力」を求めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ