トロントは今マイナス27度 でも日本の方が寒く感じるんです

かつてトロントに住んでいましたDr.Dです。

留学先としてバンクーバーに次いで人気なトロント。今マイナス27度だそうです(笑)

今夜はWind Chillでマイナス35度まで下がる模様です。ひゃ~(´゚д゚`)

 

そんなトロントですが、

住んでいた時の実感としては、生活していてそんなに寒さに厳しいとは思いませんでした。

むしろ日本での生活の方が寒く感じるんです。

 

coldトロントの屋内(お店やビルや地下鉄内)は常に21度以上を保っているし、

ダウンタウンに住んでいる限り、地下施設が発達しているのであまり外に出なくても色んなところに移動できる。

そして外を歩かなければならない時は写真のようにそれなりの格好をするので、あまり寒くありません。

それよりも目が痛くなったりしますが。

 

ちなみに日本に売っているようなダウンジャケットでは到底生きていけないのでご注意。

日本でもアバクロの一番ゴツいフード・ファー付きのコートだと大丈夫!

このファーが実はものすごく大事。

吹雪の中、顔全体に対する「まつ毛」の役割を果たしてくれます。

ファーなしでは無理です。

 

そしてブーツも大切。先端ゴムで全体がファーのもの。200ドル位あれば買えます。

これだけちゃんと寒さ対策が出来ているからそんなに寒くは感じなかったのでしょう。

 

なので家の中も、建物の中も、電車の中も、駅も、どこに行っても風が吹き抜ける東京は、

マイナス30度にもなる街よりも寒く感じます。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ