日本人が英語が苦手な理由Vol.1: 英語が聞けない、速いと感じる、聞こえても意味がついて来ない

「どうして日本人はいつまでたっても英語が苦手なままなのでしょう?」

 

最近ますます英語学習者が増加傾向にあります。

一昔前と違って今はかなり必要に迫られて英語を勉強している人が多くなっています。

決まった悩みがコレ!

読んだり書いたりするのは問題ないけど、問題は「聞けない」「話せない」

体験レッスンでもっとも聞いている悩みの一つです。

 

聞けない理由

「英語を聞くのが苦手」という人の大部分は、「英語本来の音」が識別出来ません。

今まで英語にカタカナでふりがなを打っていたタイプです。

でも実際の英語の「音」はカタカナでは表すことが出来ない。

どうしてもカタカナで表記したい場合は、もっと忠実に音を汲み取ってみましょう。

 

例えば、「I like drinking」飲むのが好き。

 

おそらく英語が聞けないあなたはこう解釈しているでしょう。

「アイライク ドリンキング」

 

しかし実際は、

「アイ ライ ジュィン キン」

の様に聞こえなくもありません。

 

どうやったら英語が聞けるようになる?

耳を慣らす

予め読んだりして、内容を把握しているものを何度も何度も聞いて耳を慣らしましょう。

また単語単位で聞き取るのをやめて、ある程度まとまったフレーズ全体で聞くように心がけましょう。

 

発音を鍛える

そもそも間違った発音でインプットしているものはしっかり聞こえてきません。

英語の正しい発音やリズムを身につけることで、自然と英語の「音」が聞こえてくるようになります。

自分がその「音」を出せれば、それは必ずしっかりと聞こえてきます。

 

どうやったら速いと感じる英語が聞き取れる?

フレーズ全体で音を捉える

発音が速いと思わずに、こういう音なんだと思って「英語の音」に接してみましょう。

'How are you doing today?'

これを「ハウ アー ユー ドゥーイング トゥデイ」として聞こうとするから速く感じるのです。

でも「ハゥユードインッディ」て感じで捉えていると速くは感じないでしょう。

 

シラブルを理解し体に馴染ませる

シラブルとは音節のことで、分かりやすく言うと「歌」を歌うときの「音符一個分」です。

先ほどの、'How are you doing today?'を歌うと音符はいくつ分になりますか?

「ハウ アー ユー ドゥーイング トゥデイ」

100%カタカナで捉えると音が「11個」あります。

 

「ハゥユードインッディて感じで捉えていると、

音はたったの「5個」しかありません。

シラブルをもっと詳しく知る >>

 

どうやったら聞きながら意味がついてくる?

「なんとか英語が聞けるけど、意味がぜんぜん入ってこない」

って悩みも良く聞きます。

これこそ、英語を「フレーズ単位」ではなく「単語単位」、

もしくは「キーワードだけ」を聞き取って、あとは何となく想像に任せている。

こういった人でしょう。

英語はある程度単語がまとまってこそ始めて意味を成します。

単語一つ一つでは大して具体的な意味を持ちません。

 

英語を「フレーズ全体の音」で捉えるようにしましょう。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ