発音の違い、イギリス英語とアメリカ英語の母音の特徴

以前、英語声ビデオで'Front Vowels'「前舌母音」と'Back Vowels'「後舌母音」の2種類の使い分けについて説明した事があります。

正確にはこれに加えて'Central Vowels'「中舌母音」というニュートラル状態の音もあるのですが、例えばcut, hutなどのシュワと言われる発音、これには特に触れていません。また別の機会にでも触れようと思います。

さて、一般的にアメリカ英語とイギリス英語では全然発音が違うと言われますが、具体的にどの辺りが違うのでしょう。

一番特徴的なのはやはり'Front Vowels'の音の違いです。これは全然違います。

アメリカ英語の「A」の発音

アメリカ英語の特徴は「ae」の発音、例えば、「apple」の「a」、「stand」の「a」、「and」の「a」など、スペルが「a」のストレスがかかった音を限りなく「Eh」に近い音になります。丁度「air」の様な音になります。

例えば「and」を無理矢理カタカナで表すとしたら「エァ〜ン」って感じでしょうか。この時声は声帯の下部を響かせながら、舌先の方で発音を形作っています。

イギリス英語の「A」の発音

かたやイギリス英語の「A」の発音は「eh」ではなく「ah」の音になります。Class, Last, Half, Calm, Fatherの「a」の音が全部同じ音になります。ちなみにアメリカ英語だと、「Class, Last, Half」は「ae」、「Father, Calm」は「a:」の音。

そればかりではなくFront Vowels全般(i, eh, aeなどの尖った音)がそんなに尖りません。このビデオで違いを見てみましょう。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ