Rの発音を母音と捉える:[ər]の発音;Earn, Earth, Hurt, Serve, Sirは全部同じ

日本人が最も苦手とする発音の中に「R」の発音があります。

しかし少し捉え方を変えるだけで大分自然な発音になります。

例えば「R」を子音と捉えずに母音と捉えてみましょう。

「R」は「ラ行」ではありません。ただの「籠った音」です。

こちらのビデオを参照 ▼

[ər]の発音

[ər]の音は、Hurt, Earth, Earn, Burn, Girl, Sirなどの発音です。この発音は途中で音が変化しません。ただ喉の奥で籠った音を出すだけです。カタカナで表現するとすれば(舌を奥に追いやって)「ウ〜」と唸るだけ。

これはCentral Vowelの一つとして捉える事が出来ます。要するに母音です。

この音を出すコツは2つ。

1. 声の響きをとにかく下へ押しやる。首の付け根あたりで響かせる感じ。

2. 舌を軽く浮かせて喉元の方向へ押しやった状態を保つ

これだけです。これで「う=」って唸れば良いだけです。なので「ラ行」と関連づけるのはやめておきましょう。全然違う音なのですから。

 

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ