英語のビジネスEメールの書き方 連絡はEメールで十分か、それとも電話確認もすべきか?

近年、電話でのやりとりが減り、一方でEメールによるやりとりが一般化しています。

Eメールだと書類のスキャンを送ったり、また相手の営業時間外でもとりあえず送ることが出来るのでとても便利です。

それに英語で話すことに自信がなくてもメールだと作れるので安心します。言いたいこともちゃんと伝わる気がします。

しかし反面Eメールでの連絡は軽視されがちです。とくに知らない相手からの突然のメールなどはあまり見向きもされないことが多いでしょう。

例えばアメリカやカナダにおいては、それが日本より顕著に現れていて、知らない相手からのメールはほぼスパム扱いです。

なので、やはり電話連絡の上でEメールを送るというのがより好ましいと言えます。

 

今から紹介するのはとても簡単なフォームのBusiness Emailです。

お客様の会社訪問の後の予定を決める内容です。

Subject:
Regarding your visit to our company on July 24th

Message:
Dear Mr. Smith

As I mentioned on the phone, we'd like to invite you to dinner after our meeting if you have time. Our managing director Koji Takana will also come.

If accepted, we will book a table at one of the most exclusive Japanese restaurants in this area, for 8 p.m. on 24th.

Hope you can join us, so please let me know your availability at your earliest convenience.

 

Warm Regards,
Tak Yamamoto

 

GOOD CO.LTD
Tak Yamamoto – Marketing Director
Ph. +81-33345-6739 Fax. +81-33345-6738
Email. tak@good.ne.jp

24 Shinjuku-cho Shinjuku Tokyo JAPAN

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ