成功するネゴシエーションの戦略 ” A Strategy for Successful Negotiations “

以前トロント市、カナダの医療機関で勤めていた頃

とても尊敬していたボスにこんなことをきいたことがあります。

 

ボスは医療施設を看護婦の奥さんと20代の頃に立ち上げて以来、

50年近く一緒に夫婦として、親として、経営者としてやってこられました。

 

I asked my boss,

"So what is the secret to having the relationship work for such long years?"

He said, "Compromise."

 

ネゴシエーションとは、あらゆるシーンで行われています。

ビジネスシーンはもちろんのこと、日常生活上でも必要なスキルです。

恋人同士、夫婦間でもきっと毎日のように行われているかと思います。

 

ですが、やはり感情的になってしまったら建設的なネゴシエーションは行えません。

いかに、論理的に組み立てられるかがポイントとなります。

そしてどこまで歩み寄ることができるかを明確化することが大切です。

 

ですが、冒頭で歩み寄る姿勢を見せるのではなく、

適切なタイミングで譲歩することでネゴシエーションがうまく流れたりします。

 

A Strategy for Successful Negotiations

成功するネゴシエーションの戦略

 

① Listen Carefully : よく聴く。相手側の話を良く聴き、彼らの言い分の論理を整理し

      評価すること。

② Clarify Issues : 問題を明確化する。もし問題が明確化できない場合、

   WHY, WHEN, WHERE, WHAT, and HOWを用いて質問をする。

③ List the Common Issues and Identify the Key Issues :

     両者にとっての問題点をリスト化し、重要な問題点をあげる。

④ Keep Calm : 常に落ち着いた態度で挑む。機転を利かし交渉術で相手との

      テンションを和らげて交渉する。

⑤ Verbal and Non-Verbal Communication : 言葉とボディーランゲージ両方を

      活かし説得する。

⑥ Know When to Compromise : 歩み寄るタイミングを知ること。

      譲歩が必要な場合行いますが、マイナーな案件から。

⑦ Distinguish Between Needs and Interests : 譲歩できないライン

       譲歩が可能なラインを明確化すること。

⑧ Create an Agreed Deadline : 解決するための締め切りを両者で設けること。

⑨ Decide on a Course of Action and Come to an Agreement :

      どのように問題を解決するか両者で決め、契約を成立すること。

⑩ Summarize and Write Down the Conclusion :

      ネゴシエーションの最後に最終的に決定した事項を書面に明記すること。

⑪ Plan for Alternative Outcomes : 両者が合意できなかった場合、別の対策を練る。

 

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Dr.Dの発音レッスン動画が見放題!

Facebook
Twitter
Google+
https://dr-d.jp/2014/04/09/negotiation/">
RSS
Follow by Email