英語スピーチの時に注意すべき事をビデオ解説、姿勢や表情、声のトーンや発音など

英語スピーチの専門講師Dr.Emiによる、英語のスピーチ上達6箇条。

1. Posture – 姿勢

腕を楽に伸ばして自然な体勢で

そうすると堂々として見えます

手を前で重ねたり、腕や足を組むのはやめましょう

何かにもたれること無く、自然に真っ直ぐ立つ、また座りましょう

 

2. Facial Expressions – 表情

キーポイントとなる箇所で有効な表情を使う

まゆを上げたり、必要に応じて笑顔を作ったり

真っ直ぐオーディエンスに向く

表情を内容によって色々使い分けます

深刻な内容の時に笑顔を作ったはしませんよね?

 

3. Volume of Voice – 声の音量

聞き取りやすい音量で話すようにしましょう

特に語尾の部分が消えてしまわないように気をつけます

強調したい部分の音量を上げたりして、より直感的に伝えます

 

4. Speed of Speech – スピーチの速さ

オーディエンスが聴きやすいスピードを心がけます

時折テンポを変えていくことでよりオーディエンスを惹きつけます

 

5. Tone – 声調

日本語と英語のもっとも違う所がこの、「Tone」

淡々と話してもオーディエンスを退屈させてしまうだけ

色んな声調を使い分けて、より色彩豊かなスピーチにしましょう

 

6. Pronunciation – 発音

クリアな発音で

発音が分からない単語はAudio付きのオンライン辞書などで確認しましょう

もしくは発音レッスンを受けましょう

オーディエンスに言ったことが伝わらなければ意味がありません

 

以上の6つのポイントを押さえてしっかりと伝わる英語のスピーチを目指しましょう!

 

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ