英語の子音はウィスパーで練習すると音がしっかりと立つようになる

子音の音がしっかりと出ない人はヒソヒソ声で練習してみましょう。

日本語は子音と母音が必ずセットになっているので、子音単独で発音することはありません。

なので生まれた時からずっと日本語しか発音していないと、子音をしっかりと出すことが難しいのは当然です。

英語は子音を独立して発音する場合が沢山あります。

 

例えば、"CAT"。

英語では1音で"CAT"(Tは子音のみ)と発音しますが、

日本語で発音すると、「キャット」、"CA TTO" という風に2音出てしまいます。

この感覚が英語と日本語の大きな違いです。

 

要するに英語本来の音で発音するには、余計な母音を沢山消す必要があるわけです。

そして子音を母音から切り離す事をしなくてはなりません。

 

その練習方法で効果的なのがウィスパー(ヒソヒソ声)で練習する事です。

ヒソヒソ声で母音の「声」を全て「息」に変えてしまいます。

そしてより子音をしっかり出さなければ何を言っているのか分からない様な状態で練習します。

 

ここにちょっとしたPassageと、Whisperingで読んだAudioを用意しました。

Audioに合わせて、同じようにヒソヒソ声でPassageを読んで見ましょう!

Hip-Hop started in New York City in the 1970s. Today, many countries have their own local hip-hop scenes. Artists from different backgrounds rap about everything from cars, designer clothes to social issues. Here are two examples.

Dr.D
About Dr.D 555 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。