英語の母音で日本語には無い音について、Apple, And, As等の発音

突然ですが問題です!

"Ankle"(足首)と"Uncle"(叔父)の発音の違いは何でしょう?

 

そう、母音の発音が違います。

Ankleの母音は「æ」で、

Uncleの母音は「ʌ」です。

実は論理的には分かっている方(日本人で)は結構いらっしゃるのですが、

実際に発音を使い分けられる日本人はそう多くはありません。

やっぱり日本語に無い音を表現するのは分かっていても難しいものです。

 

「æ」の発音の仕方

Apple, Stand, And, As, Dance など、ストレスを置く部分がAのスペルの場合は殆どこの発音です。

これをちゃんと発音するには「音の響き」と「音の形を整える」の二つのアプローチが必要です。

口の形や舌の位置だけを工夫してもなかなかそれっぽい音にはならないでしょう。

1. 発声のアプローチ(音の響きを作る)

「声」は首の付け根辺りまで落として、上から押さえつけた様な声を出す

2. 口のアプローチ(音の形を整える)

音を形作るのに口の形や舌の位置などが関係していきます。

通常の発音トレーニングではなぜかこの部分しか焦点をあてません。

舌は口内の下側に格納する。そして舌先で音を形作る。

 

この2つのアプローチがあって始めて自然な発音となります。

声を変えるだけでも不十分ですし、そもそも「声の響き」が出ていないのに音をいくら整えても意味がありません。

 

「ʌ」の発音の仕方

Utter, Ultimate, Upなど、

ストレスを置く部分のスペルが"U"になっているものの多くはこれです。

1. 発声のアプローチ(音の響きを作る)

「声」は首の真ん中辺りを転がす様に響かせる。

2. 口のアプローチ(音の形を整える)

舌は口内で宙ぶらりんの状態。

そして喉に近い位置(舌の腹よりも喉より)あたりで音を形作る。

 

これについては「英語声ビデオ」で説明していますのでご覧になって下さい。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ