いざ英語を喋ろうとすると全然言葉が出てこない

英語は今まで結構勉強してきたけど、

いざ英語をしゃべろうとすると全然言葉が出てこない。

こんな経験をした事ありませんか?

どうして言葉がすぐに出てこないか?

それは単純に言い慣れていないからという理由が大きいでしょう。

 

例えば日本語でも、今まで社会経験などなく普段敬語を話し慣れていない人が、

いきなり社会に出て、いきなりそれを上手に話すことはとても難しいはずです。

でも普段から敬語を使い慣れている人にとっては、

特に考えることもなく状況に合わせて自然に言葉が出てきます。

 

思った英語が直ぐに口からすっと出てくるようにするためには、

まずは自らの身体にその「言葉」を馴染ませる事が必要です。

そして英語の場合、日本語とは音のなりもかなり違うので、

英語そのものの音で、自分が使いたいフレーズなどを何度も反復練習し、

そして何時でも使えるものとして体に吸収させておく必要があります。

そして言葉は使えば使うほど体に馴染んで、

そのうち何も考えなくともスッと出てくるようになります。

 

そういう意味で発音練習をしっかり行っていると、

英語が英語の音のまま体に染みこんで行くので、

使える英語を身につけることが出来ます。

いざという時にちゃんとその言葉が出てくるように、

意識をもって反復練習を行うとより馴染みやすいですよ。

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。