英語独特の響く声を手に入れよう

英語本来の音を表現するためには、日本語の様な平面的な声ではなく、立体的な声を使います。

例えば日本人が苦手な「Alright?」などの「R」を含む発音は、

どんなに口や舌のポジションを工夫しても声が平面的である限りうまく表現出来ません。

まずは英語を発音する上で必要な「声」を出せるようになりましょう。

 

歌声を作るように英語を発声しよう♪

Step 1. 英語は腹式呼吸

あくびをして下腹まで空気を一気に吸い込む→

ため息に乗せて軽く声を乗せながら息を吐き出す。

Step 2. 喉を開放した状態で発声

あくびをして喉を開く(首の付け根付近にモコっとした違和感を感じます)→

その違和感を感じた辺りを転がすようにして喉に振動を帯びた声を出す。

Step 3. 空気のボールを口に含んで発声

立体的に音を表現するために声が口の中で立体的に響くようにしっかりと空間を保ちます→

丁度空気のボールを口に含んで発音するようなイメージです。

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。