発音はネイティブを目指すべきか否か?アジア各国との英語コミュニケーション能力の比較

英語発音を上達させる上で、「英語発音はネイティブ発音を目指すべきか否か」という議論はいつもなされます。あなたはどう思われますか?

indian「インド人だってあんなひどいアクセントだけれども、ちゃんと立派にやっていけているじゃないか」という意見はごもっともです。シンガポールやマレーシアにしても、アクセントはキツイけれども大部分の人が一応英語でほとんど不自由なくコミュニケーションを取ることが出来ます。

私は留学事業の関係でアジアの大部分の都市部に出張で訪れていますが、中国、ベトナム、モンゴルを除くアジア各国の町中では、比較的問題なく英語でコミュニケーションを取ることが出来ています。勿論、どの国であろうと留学事業関係者は皆英語を話しますが。

 

さて、肝心の日本人の英語力ですが、私の印象では知識レベルでは他のアジア各国と比べても高い印象があります。ただコミュニケーションレベルが著しく低いという事だけです。日本人の特徴として「知っているけど話せない」という傾向があります。

それは日本の英語教育がコミュニケーションを目的として組まれたものではなく、英語に対する知識を高める事だけを目的として組まれたものであるからです。ですので私達は英語の使い方を全くと言っていいほど学校では習いません。ペーパーテストで良い点を取ればそれでいいのです。

こういった背景があり、いくら英語を話そうとしてもそもそも日本人の多くはどの様にして英語を発音すればよいのかも知りません。私が中学の時でも英語の教科書にカタカナをふって、それを読むような事を平気で行っていました。その音はもう英語ではなく完全に日本語です。

なので日本語を知らない人が聞いて理解できるわけがありません。音節の数や母音、子音の音、またイントネーションまで全てがデタラメだからです。それをわざわざ覚えてしまったわけです。なのでアジア各国のアクセントの強さと、日本人の発音の悪さではそもそも次元が違うわけです。そこは直さなければ英語はなかなか通じません。

nepal一方、アジア各国の人の話す英語は子音や母音にはそれぞれ特徴があるが、フレーズ全体で聞いた時の音節(Syllable)の数はあまり間違っていません。そして単語を並べる話し方ではなく、テンポよくフレーズ単位で話す傾向にあります。この場合は例え文法が多少間違っていようとも通じます。近い音とリズムで話しているからです。

 

だから日本人の大部分が英語を伸ばす為に必要なのは、潜在知識を引き出す「発音力」なのです。ただし完全なネイティブ発音など目指す必要はありません。早い話が「通じやすい発音で十分だと思っています。ネイティブ発音と一言で言ってもイギリス系、アイリッシュ系、オーストラリア系、アメリカ系、など様々で更には地域によっても母音や子音の発音が多少なりとも異なるからです。

英語発音は、英語の「音とリズム」の捉え方を知る事からです。それに関してはこちらの記事を参考にして下さい。Audio付きで英語のリズムについて詳しく解説があり、練習も出来るようになっています。

参考記事へ >> 英語のリズムをマスターしよう!

 

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ