英語発音のこつは丁寧に発音しない事 力を抜いて適当に雰囲気を真似る

Relaxed-Dog「英語の発音は丁寧にしすぎてはなりません!」

という見方で、英語の発音についてお話したいと思います。

 

というのも、日本人が英語をしっかりと丁寧と発音しようとすればするほど、

どんどんと日本語的な発音に近づいていく傾向にあるからです。

 

日本人が英語の発音をする時はある意味でテキトーさが必要かも知れません。

「何となくこんな感じ?」って風にその「音」自体を真似るほうがよっぽど本来の音に近い。

 

例えば、"I appreciate that"と言うとして、

日本人が丁寧に発音しようとすると、

必要以上に音をハッキリ、クッキリとさせようとしすぎて、

「アィ アプ ウィシ エイッ ダッ」

などと全体をのっぺりと発音してしまったりします。

 

英語の発音はそうではありません。

もっとテンポよく、アクセントを軸にして、

「アクセント」から次の「アクセント」に飛び移るようにして発音されます。


 

なので、アクセント以外の音は以外にもちゃんと発音されません。

これをリダクションといいます。

アクセント以外の母音はほとんどが曖昧母音となり、はっきりと発音されません。

 

なので日本語の感覚で「はっきり」と発音している以上、

本来の英語の音にはどうしても近づきにくいのです。

テキトーにとらえて、な~んとなく、力を抜いて練習しましょう^^

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Dr.Dの発音レッスン動画が見放題!

Facebook
Twitter
Google+
https://dr-d.jp/2014/09/05/pronunciation-tips/">
RSS
Follow by Email