英語力を身につける最大の要素は継続 3年間毎日続けられるモチベーションを持つこと

worldd.eps

あなたは何の為に英語を身に付けたいと考えていますか?

良い仕事に就きたいから?

より高い教養力のため?

英語が話せるとカッコイイから?

世界中大多数の人と直接コミュニケーションがとれるから?

どれも人生を左右する素晴らしい目標です。世界の大部分が共有している英語というスタンダードな言語の習得の価値は計り知れないほど大きい。可能性、視野、交友、全てが日本規模から世界規模へと広がります。そして同時に自分の国、日本のことももっと客観的に見ることが出来ます。日本の悪い面も、また素晴らしい面ももっとよく感じ取ることが出来るでしょう。自分の世界をどんどん広げて、どんどん豊かにしていきたい人にとって英語はとても大きな力となるでしょう。

そんな英語ですが、日本人にとってなかなか馴染みにくいものです。それの主なる理由は「発音力」だと思っているわけですが。「スムーズに口から英語を放てない限りどうして英語が話せるようになるの?」と思うわけです。「知っているけど話せない」という人がとてもこの国には多い。それは逆に言うと「話し方」さえ身につければぺらぺらになれるということです。実際は言葉で言うほど単純ではありませんが、でも「発音」の要素はとても大きく影響していることは間違いありません。

じゃ、どうやったら成長出来るのか?具体的に何をすれば英語が話せるようになるのか?

スピードラーニングのような色んな教材が巷に溢れ、どんどん新しいものも常に生み出され続けています。もちろんそれはビジネスですから、どんどんと改良を重ねて、その効果その都度うたって、さばけるだけさばきます。なので「これさえあれば!」という終着駅はあるはずもない。ただどんなものでも、ある程度理にかなっているものであれば3年くらい毎日続けられればしっかり身につきます。

常に日本人にとっての英語上達に関する研究がなされ、実際にある程度の効果が得られるものしか売れることはないであろう今の日本で、そんな酷くありえない教材も少ないとは思います。なんでも続けることさえ出来れば成長できるはずです。私の場合は子供の頃に与えられた「モクモク村のけんちゃん」の教材でも今思えば相当役にたったと思い感謝しています。

でも実際3年間もの間、毎日1時間程度でも続けることはとても大変です。これは常にモチベーションを保ち続けなくては続けることは出来ません。「好きこそものの上手なれ」とはよく言ったものです。なので結局は自分の好きなものを題材に勉強を続けるのが一番良いと思うわけです。

常に口に出して練習する。
発音ニュアンスを出来るだけ近づける。
それを体に覚えさせる。
イメージをはっきりと持つ。

これだけは絶対条件なので必ず行って下さい。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ