日本語の「ん」は英語の「N」の音とは違うんですよー

日本語の「ん」はローマ字で書く時に「N」で表されます。きっとその影響でしょう。

Fine!って言う時に殆どの人が「N」の音を無視しています。Teenagerって言う時に殆どの人が「ティーンエイジャー」、という風に発音し、「N」の発音を省いてしまいます。本来は「ティーネィジャー」って感じになります。

teens

「N」は「D」や「T」の発音の時のように、舌を硬口蓋(ハードパレット)にあてて鼻腔へ息を抜き発音します。日本語でいうところの「ナ行」です。でも日本語の「ん」は舌はどこにもあてません。これは「N」とは全く別種類の発音です。

「ナニヌネノ ナニヌネノ」と舌をハードパレットにペタペタくっつけながら繰り返し発音してみましょう。そしてその後に、「Fine!」って言ってみて?ちょっと雰囲気が変わったかと思います。


The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。

Dr.Dの発音レッスン動画が見放題!