発音が良くなる方法~わざと滑舌を悪くする

英語の発音を良くするために、わざと滑舌を悪くするというアプローチもあります。

なぜかというと、日本語の感覚で滑舌をよくしようとすればするほど、

顎が固定されて、英語に向かないポジショニングになるからです。

それよりはわざと滑舌を悪くして、顎をだらっと下げて自由にした方が、

英語は発音しやすくなります。

あご

あくびをして声門を開き、あごをダランと垂れさせて口内に十分なスペースを作ります。

そして声をだらだらともらしながらフレーズ全体を繋げて話します。

その時にしっかりとストレスを置いて、それを軸にしてリズミカルに話すと、

より自然な英語の音に近付きます。

 

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ