発音が良くなる方法~わざと滑舌を悪くする

英語の発音を良くするために、わざと滑舌を悪くするというアプローチもあります。

なぜかというと、日本語の感覚で滑舌をよくしようとすればするほど、

顎が固定されて、英語に向かないポジショニングになるからです。

それよりはわざと滑舌を悪くして、顎をだらっと下げて自由にした方が、

英語は発音しやすくなります。

あご

あくびをして声門を開き、あごをダランと垂れさせて口内に十分なスペースを作ります。

そして声をだらだらともらしながらフレーズ全体を繋げて話します。

その時にしっかりとストレスを置いて、それを軸にしてリズミカルに話すと、

より自然な英語の音に近付きます。

 

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。