母校の岡山学芸館高校に本の贈呈で訪れました

Gakugeikan_high_school01

 

17年ぶりの母校。

岡山学芸館高校に贈呈本を持って訪れました。

 

英語の声になれる本
「英語の声になれる本」
KADOKAWA中経出版より1月30日発売予定

 

同じ敷地内に新たに中学と高校と外国語学校が増えており、

なんだかかなり進化していました。

 

この学校は昔から留学に特に力を入れていて、

僕も1年間はオーストラリアの現地校で授業を受けました。

そして今回の訪問で、当時の留学部門の立ち上げなど、

色々と今まで知らなかった面白いお話を聞くことが出来ました。

 

今でこそ高校からの交換留学、単位交換制度はそこそこ出来ていますが、

当時は英語科全員が1年間海外で勉強するなんて学校は、

日本でここしか無かったと思います。

 

そして交換留学制度だったのでこの学校には常に、

オーストラリア人も日本人に混じって授業を受けていました。

こんなことを20年前からやっていたわけなので、

とてもユニークな学校で、それを立ち上げた先生方は、

日本の国際人育成の草分け的存在です。

akamatsu

英語科と留学制度の立ち上げをされた先生の一人、赤松先生。

やんちゃ坊主だった高校時代の僕が沢山迷惑をかけた方です。

 

僕のYouTubeの英語声シリーズもなんだか気に入ってくださって、

先生も英語声のメソッドを試してくださってるそうです。

「これいいわ〜!」って気持ちよく言ってもらえて、

なんだかとてもむず痒い感じがしました(笑)

 

これがきっかけでもっともっと活躍の場が増えるといいな〜^^

 

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。