英語ネイティブは音の聞こえ方が日本人とは違う

どうして日本人の発音はこれほどまでにも通じにくいのでしょうか?

よく英語ネイティブは聞こえ方が違うという風にも言われています。

しかしこれは彼らが違う周波数が聞こえているとかそういうことではありません。

人間が聞こえる周波数は人種が違っても大体同じです。

English Sound

ただ、聞こえやすい音と聞こえにくい音という点では、

人種や生活環境によって変わってくるでしょう。

 

例えば普通の人が音楽を聞く場合は、

全ての音が混じって聞こえる傾向がありますが、

例えばギターリストは、やたらとギターの音が耳に入ってきます。

それは意識と普段からよく聞いている音だからという事があるでしょう。

 

またレコーディングエンジニアやアレンジャーなどは、

音楽が各トラックごとに独立して聞こえてきます。

ちなみにこれは結構疲れます・・・

 

この様に、普段英語で生活をしている人が聞く音は、

やはり英語が持つ特徴をより聞き取ります。

 

英語ネイティブが自然に聴きとっている音の特徴として、

例えば、英語の特徴であるイントネーション(音の抑揚)、

ストレスを基準としたフレーズ全体のリズム。

こういう音の特徴を無意識に聞き取ろうとしています。

 

それに対して日本語の発音はほぼ全ての音に母音を含み、

(「ん」や「っ」などの例外有り)

英語のようなストレスの置き方もしないので、

主に中音域を漂う母音の流れを聞き取ろうとします。

なので聞こえてはいるのですが、低音域は無視してしまう傾向があります。

 

こういった理由で人種間、言語間、また違った生活環境などで、

音の聞こえ方が変わってくるのです。

 

しかし、自分が英語の音をより自然な形で捉えて、

それを何度も自分で再現してみることによって、

自分が英語を聞く時の音の聞こえ方も変わってきます。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。

Dr.Dの発音レッスン動画が見放題!