だらしなく発音すると子音はしっかりと出る(Yの子音のコツ)

今日は子音のお話です。

Yieldなど、「Yの子音」が上手に出せない人は多いと思います。

どうしても「イー」になってしまいます。

 

本当はYは日本語でいうところの「や行」。しっかりと子音の音は存在します。

でも日本語では「や行」は「や・ゆ・よ」しかありません。

「い」の列と「え」の列が存在しません。

でも Yield や Year は、「い」の列のや行です。

 

これの出し方ですが、

まず「や・ゆ・よ」を物凄くだらし無く発音してみましょう。

どれくらいだらし無くって、この犬くらいだらし無くやってみましょう。

だらしない犬

そうすると「Ya」が「Yyyy a」みたいになります。

子音が随分と長めに発音されるので、子音がしっかりと浮き出されます。

その浮き出された「Yyyyy」の音に軽く「イッ」って母音を乗せてみましょう。

そうするとしっかりとした Yield が発音出来るでしょう。

 

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Dr.Dの発音レッスン動画が見放題!