だらしなく発音すると子音はしっかりと出る(Yの子音のコツ)

今日は子音のお話です。

Yieldなど、「Yの子音」が上手に出せない人は多いと思います。

どうしても「イー」になってしまいます。

 

本当はYは日本語でいうところの「や行」。しっかりと子音の音は存在します。

でも日本語では「や行」は「や・ゆ・よ」しかありません。

「い」の列と「え」の列が存在しません。

でも Yield や Year は、「い」の列のや行です。

 

これの出し方ですが、

まず「や・ゆ・よ」を物凄くだらし無く発音してみましょう。

どれくらいだらし無くって、この犬くらいだらし無くやってみましょう。

だらしない犬

そうすると「Ya」が「Yyyy a」みたいになります。

子音が随分と長めに発音されるので、子音がしっかりと浮き出されます。

その浮き出された「Yyyyy」の音に軽く「イッ」って母音を乗せてみましょう。

そうするとしっかりとした Yield が発音出来るでしょう。

 

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ