総合的な英語力を身に付けるには、より質の良い柔軟な基礎つくりが大切です

d0154118_7502378

質の良い土には、質の良い果実が実ります。

質が良く柔軟な基礎を施した家は頑丈で地震にも負けません。

 

基礎体力がある身体は病気になりにくく、

柔軟な筋肉は様々な動きに対応出来、スポーツには欠かせません。

 

これらと同じように、

総合的な英語力を身につけるためには質の良い柔軟な基礎作りが大切です。

あまり先走って、目先の結果を求めてはなりません。

その場しのぎの解決は、時により大きな問題として返ってきます。

 

言語の基礎とは発音される「音」と基礎フレーズです。

これらがとことん体に刷り込まれる事でより柔軟な表現が出来るようになります。

 

無理に自分のレベルに合わない難しいものを解読するのはやめましょう。

さらっと読んで少しもイメージが湧かないものは無視しても構いません。

それはレベルが上がればもっと自然に分かるようになります。

 

その前に柔軟な基礎作りをしましょう。

柔軟に発音できるようになり、柔軟に基礎フレーズを組み合わせられる様に。

無理に難しい表現を使わずに、自分がリラックスして話せる内容の枠を広げましょう。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ