英語の発音は音程を低くすると良い?

英語を発音する時は音程を低くするとそれっぽくなると言われたりします。

その理由は、音程を下げると大抵の人は喉をリラックスさせます。

そうするほうが低い音が出やすいからです。

 

これは英語の発音にとってはとても良いこと。

英語の音は喉を開放し、息をこぼしながら発音すると良いからです。

その為には、喉や口周りに力が入ってはやりにくい。

 

そして逆に高音を出す時は多くの人は少し力みます。

これはあまり良くはありません。逆に発音しにくくなってしまいます。

lady-yawns

英語の声の出し方としては、

軽くあくびをして喉を開放、

長いため息をつきながらフレーズ全体を流し出すように発音する。

これがとても自然な発音につながります。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ