英語の「声」の特徴「喉(声帯)が良く響く」「声が深い」「大きな息使い」「音が繋がる」

英語には日本語と違った声の出し方がいくつかあります。よって口の形舌の位置などがネイティブと同じであっても、結果的に違う音が出てしまいます。それは根本となる「声」の出し方が違うからでしょう。

ここでいくつかの根本的な声の出し方の違いを紹介したいと思います。

《英語の「声」の特徴》

(1) 喉(声帯)が良く響く

声が響くのは喉(声帯)が震動しているからです。そして英語は日本語よりもかな り声帯を振動させて発音されます。しっかりと喉が響いていないとネイティブには なかなか聞き取って貰えません。

声帯を豊かに響かせるためには、お腹から送り出した沢山の息の量が必要で、その 息を力を抜いた声帯にあてる事によって声の響きに変えます。

【声帯の位置】
あくびをしたら喉仏の下辺りが少し凹むような感覚 があると思います。そこが吐き出す息に響きを加え る声帯です。

(2) 声が深い、音が着地する

Rの発音英語には日本語では通常使われない、より深い位置で響く声が必要です。例えば日本人が苦手とする R の発音は喉仏を下げた状態で、舌を喉の方へ引き寄せ、舌の 腹を持ち上げて、低い唸り声を出して発音されます。このように日本語よりも深い 領域の音も出せるようにならなくてはなりません。

更には英語はお腹の底へ息が落ちるような感じで、フレーズごとに音が底辺へ着地 します。


(3) 大きな息使い

まず声をしっかりと響かせるためにはある程度の息の量が必要です。しかも英語は日本語の4、5倍ほど息を使うというデータもあったりします。その吐き出した息が喉(声帯)で響いて、しっかりとした英語らしい母音となります。また英語の子音をしっかり発音するにも大きな息使いが必要です。例えば S の子音は息を前歯にしっかりかすらせて発音されます。息がしっかりと出ていなければ S の音は聞こえません。

【英語は息に声を乗せる】

息を前歯に3秒程度かすらせ、そのまま i の母音を息に乗せて Sister と発音してみ ましょう。語頭の S の子音には声が含まれず息がかすれる音だけがするのが分かるでしょうか。それに比べ日本語で「シスター」と言うと随分と S音が省かれている感じがしませんか?

(4) 音が途切れない

日本人が英語を話すとき、単語を並べる様にして話すので音が頻繁に途切れがちですが、自然な英語は声を途切らせることなくフレーズを一息で発音します。簡単に言うと、「How are you doing?」を「howareyoudoing?」と単語同士を区切らずに読んでいる感じです。

【音の連結例】

スクリーンショット 2015-05-11 19.29.11

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ