英単語のストレス音はタイミング

英単語を調べると発音記号の上にストレス音のマーク(‘)が付いています。

これは通常「強く発音する箇所」とだけ捉えられがちですが、

実はそれだけでは不十分。

 

例えば、日本人が結構苦手であろうこの単語。

「inappropriate / ìnəpróʊpriət /」

この様に「o」の上にチョンが乗っています。

この音がストレス音です。

 

ストレス音とは強く発音するという意味ですが、

実はそれだけではなく、ストレス音を出すタイミングがかなり重要です。

このタイミングが違うと単語の聞こえ方がかなり変わってきます。

試しにこのAudioを聞いて2パターンのタイミングを比べてみましょう。

1つ目は「ina」を頭の拍に置き、2つ目は「pro」を頭の拍に置きました。

これだけで随分と聞こえ方が変わってきます。

 

ストレス音頭の拍に置くようにするとより自然な発音となります。

 

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。