子音の摩擦音を鍛えると音がリエゾンしやすくなる

日本人が苦手とする英語発音の中に「摩擦音」というものがあります。

これはフレーズ発音の中でとても大きな役割を果たします。

試しに英語を少し遠目に、またボリュームを下げて聞いてみてください。

なんだか息がかすれる「しゅわしゅわ」という様な音がやたらと聞こえませんか?

それがこの「摩擦音」です。

 

摩擦音は主に、

S,F,Th,Shとこれらの有声子音となるZ,V,Th,Jがあります。

これらの音が「しゅわしゅわ」と聞こえているわけです。

 

特にS,F,Th,Shは声を全く含まず、空気がかすれる音を出すだけ。

これが日本人にとって意外とやっかいなんです。

Brothers and Sisters、などと発音すると母音をベッタリと付けて

「ブラザーズアンドシスターズ」となってしまいます。

 

“S”の息トレーニング

それではBrothers and Sistersの日本語風発音と英語発音を聴き比べます。


 

日本語風の発音の方は母音がへばりついてべったりと聞こえます。

そして自然な英語発音だと、さらっとフレーズが繋がって聞こえると思います。

しっかり英語を発音しようとすればするほど、このAudioの日本語風の発音みたいになってしまいます。

もっとポイントだけ押さえて、サラッと発音出来るようにやってみましょう。

 

まずこの発音に近づくエクササイズを紹介します。

 

上下前歯の隙間を少し開けて、そこに息をあてて”S”を10秒間伸ばして発音します。

そしてもう一度、Brothers and Sistersと言っていっましょう。

 

“F”の息トレーニング

今度は、I feel fine で試してみましょう。

また日本語風の発音と自然な英語発音の二種類を比べてみましょう。

そして上前歯と下唇裏が当たるか当たらないか位のポジションをとります。

そしてその状態で息を10秒間流し出します。

そしてもう一度、I feel fine と言ってみましょう。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ