腹式呼吸で使う「横隔膜」という言葉を全て「ハラミ」に変えて説明してみた

今日は驚くべき事実を知りました!

呼吸法で私たちが使う「横隔膜」ですが、

これは焼き肉でいうところの「ハラミ」という事だそうです。

harami

英語の「息」について

英語を話すには沢山の息が必要です。

それは日本語の4,5倍は使うと言われています。

基本英語はフレーズ全体を一息で発音します。

常に息を出しっぱなしで発音することによって、

喉が常に開かれ、単語同士の音が繋がります。

 

その為には、しっかりと安定した呼吸が必要です。

今日はその息の出し方について説明したいと思います。

 

英語の日本語の息の使い方比較

まずは英語と日本語の使う呼吸の違いを図で見てみましょう。

harami3

一番の違いは呼吸の幅です。

英語は息を吸う時にハラミをグッと押し下げ

その押し下がった反動でハラミが上へ跳ね上がり

英語特有の吐息のプリッとした弾力が出ます。

美味しそうですね。

 

そのハラミの反発によって押し上げられた勢いのある息が、

声帯を通ることによって、より豊かに声が響きます。

そしてお腹が良く鳴っています。

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。