リエゾンの練習方法

英語発音の仕組みの一つに

「リエゾン」(Liaison)というものがあります。

 

これは単語同士が繋がり、

フレーズ全体を通して声を切らずに発音する事です。

 

例えば、

“What about you?”というフレーズを発音する時、

「ワット・アバウト・ユー」

と単語一つ一つを発音するのではなく、

「ワラバウチュー」と全て繋げて発音します。

 

これを知識レベルではなく当たり前の感覚として

捉えなくてはなりません。

 

今回はこのリエゾン感覚をつかむ練習方法を紹介します。

 

リエゾン感覚をつかむ練習

Step 1. 声を出しっぱなしでフレーズ全体を発音します。

“Wha – ta – bou – tyou”

この様に母音を伸ばして次の音と繋ぐことで音が連なります。

 

Step 2. 音の重心をとらえます。

“Wha – ta – bou – tyou”

ここでは”bou”にアクセントをつけましょう。

 

Step 3. フレーズを一定のテンポで3回ループさせます。

“wha – ta – bou – tyou – wha – ta – bou – tyou- wha – ta – bou – tyou”

 

Audioに習って練習しましょう。

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。