リエゾンの練習方法

英語発音の仕組みの一つに

「リエゾン」(Liaison)というものがあります。

 

これは単語同士が繋がり、

フレーズ全体を通して声を切らずに発音する事です。

 

例えば、

“What about you?”というフレーズを発音する時、

「ワット・アバウト・ユー」

と単語一つ一つを発音するのではなく、

「ワラバウチュー」と全て繋げて発音します。

 

これを知識レベルではなく当たり前の感覚として

捉えなくてはなりません。

 

今回はこのリエゾン感覚をつかむ練習方法を紹介します。

 

リエゾン感覚をつかむ練習

Step 1. 声を出しっぱなしでフレーズ全体を発音します。

“Wha – ta – bou – tyou”

この様に母音を伸ばして次の音と繋ぐことで音が連なります。

 

Step 2. 音の重心をとらえます。

“Wha – ta – bou – tyou”

ここでは”bou”にアクセントをつけましょう。

 

Step 3. フレーズを一定のテンポで3回ループさせます。

“wha – ta – bou – tyou – wha – ta – bou – tyou- wha – ta – bou – tyou”

 

Audioに習って練習しましょう。


The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ