英語発音のリダクションについて「消える音が存在する?」

英語には発音記号には音が存在するが、実際のフレーズとなると「殆ど発音されない 音」がたくさん存在します。これをリダクションと言いますが、実はストレスを置かない 殆どの音はこれに値します。

英語フレーズはストレス音をリズムの重心として捉えるので、それ以外の音は裏拍として捉えられます。ですので、裏拍のリズムは有るか無いか分からない微かな音で、とて も素早く表現されます。その分ストレス音が際立つので聞き取りやすいということになります。

では実際にどのように音が消えていくのかを映像で見てみましょう。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。

Leave a comment

Your email address will not be published.