よく響く声の基本はブレス(息)の使い方をおぼえること

英語の発音の特徴の一つに

「声が深く響く」という事があげられます。

これは白人男性に限らず、

アジア系であっても英語環境で育った人なら

少なからずこうなります。

 

これは身体的な違いよりも、

言語的な違いという方が大きく影響します。

小さな頃からどのような声を聞き、声を出してきたかで

発声方法がかなり変わってきます。

 

英語環境に育った人の声はどうして深く響きやすいのか?

それはブレス(息)の使い方の違いです。

breath

英語の発音には沢山の息が必要です。

それは基本、息が駄々漏れの状態で言葉を繋ぐからです。

なので英語の音はハキハキというよりは、

ダラダラと聞こえます。

 

沢山の息を使うためには、

沢山息を吸わなければなりません。

また沢山息を吸って話す様になると、

自然と沢山息を使って話すようになります。

 

息を吸う時は軽くアクビをし、

わざとお腹を膨らませるようにしてみましょう。

それがうまくいかない人は、鼻で息を吸ってみましょう。

そうすることでより息が深いところへ届き、

深い呼吸で話すようになります。

そうやって響かせた声は、

今までよりも深く豊かに響いているでしょう。

 

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.