Japanese Security Bills 日本の安全保障法案

日本の安全保障の制度が変わろうとしています。

安倍政権が打ち出した「平和憲法(憲法9条)の解釈の変更」により

巷では「日本が戦争する国に変わろうとしている」

と心配する声が大きくなってきています。

4096

また一方で日本をこの先も守る為には必要という意見もあります。

これだけ平和に経済成長を成し遂げた戦後の日本、

今後も平和主義を貫くためにはどうすれば良いのか。

 

今の流れを相当噛み砕いてまとめると、

こんな感じなのかなと思っています。

 

①近隣国同士尊重し合い、持ちつ持たれつの良い関係を作ること。

色々いがみ合っても家族のような付き合いを目指す。

お互いなくては生きていけない存在となること。

 

②今まで通り世界最高の軍事力を持つアメリカに守ってもらう。

そうなると今回の様に常にアメリカの都合に日本が合わせざるおえなくなる。

したくない戦争に参加させられる事にもなる。

 

③スイスのように完全な中立国となりいかなる戦争にも加担しない、

また誰の味方もしない国になる。

そしてしっかりと自前で国を守れる体制作りをする。

この場合は自衛隊ではなく日本軍を作り徴兵制をとる可能性が高い。

スイスがそうであるように。

そして軍事費も相当かさむようになる。

なにより日本憲法を書き換えなければならない。

 

今の日本は②に向かっているようです。

本当はもっと沢山の問題があると思います。

しかしこれ以上はうまく頭のなかで整理が出来ません。

 

ただ国際人としてはこの話題に関して自分の意見を持ち、

英語でそれをいつでも伝えられる準備をしておきたいものです。

私個人の意見としましては①であってほしいと思っています。

 

ですので今回はこの安保記事を取り上げます。

意味が分かりやすいように、塊ごとに切って、

しかもゆっくりと話しています。

ボキャブラリーの勉強に役立てて下さい。

【ボキャブラリー・チェック】
Prime Minister(総理大臣)
security bills(安全保障法案)
lower house(衆議院)
protests(反対)
pushed through(押し通した)
lower house legislation(衆院法制)
troops sent to fight abroad(海外派遣される軍隊・自衛隊)
sagging ratings(低迷する支持率)
panel approval(議会の承認)
the unpopular bills(不人気な法案)
drop a ban(解禁する)
collective self-defense(集団的自衛権)
a friendly country(同盟国、仲の良い国)
sparked a huge demonstration(デモに火を付けた)
Protesters gathered(反対派が集まった)
chanting “Stop Abe’s recklessness”(安倍の無法さを許すなと合唱した)
Scrap War Bills(戦争法案を没せよ)
despite threatened rain(雨模様にもかかわらず)
100,000 took part(10万人が参加)
the day before(前日)
crowds swelled(人だかりが増した)
as the evening wore on(日が落ちるにつれて)
The bills next go to the upper house(参議院行きの法案)
delay a vote(投票を遅らせる)
ruling bloc has a majority(与党が大多数をしめる)
Abe’s coalition(安倍政権)
enact them(法案を制定する)
with a two-thirds majority(2/3の多数決で)
bolder security stance(より太い安全保障体制)
ally Washington(同盟であるワシントン)
a rising China(頭角を現す中国)
getting tougher(厳しくなってきている)
took place(行われた)
walked out of the chamber(議会を去った)
vital to protect(守るために必要不可欠)
the scope for Japan’s military(日本の自衛隊の活動範囲)
logistics support(後方支援)
peace-keeping operations(平和維持活動)
grey zone(曖昧な領域)
incidents falling short of war(戦争には満たない事件)
the revisions could entangle Japan(改正は日本をもつれさせる)
U.S.-led conflicts(アメリカがもたらした戦争)
pacifist Article Nine(平和憲法第9条)
post-war constitution(戦後の憲法)

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.