ビジネス(仕事)関係の疑問文(質問)を出来るだけ速く言えるようになる練習方法

とくに仕事において英語を使う時に、

スムーズに聞きたいことが聞けずに

もどかしい思いをしたことはありませんか?

business questions

日本語だと意外とシンプルに聞けることが、

英語だとなかなか出て来なかったりします。

とくに日本語の聞き方を

そのまま英語にしようとすると

なんだか訳の分からない質問に

なってしまったりします。

 

英語での疑問文を速く作るコツは、

まずその疑問文の頭の部分

いかに速く出してこれるかにかかっています。

 

瞬時に疑問文を作るコツ

例えば、「誰がそのミーティングに参加するのか?」

を聞きたい時だと、

“Who’s coming” to the meeting?

“Do you know who’s attending” the meeting?

“Who will come” to the meeting?

“Who’ll be the members” of the meeting?

などの頭の”◯◯◯”の部分が

すぐに思い浮かぶかにかかっています。

 

言い出しのフレーズさえ固まっていれば

スムーズに質問を続けることが出来ます。

それを頭のなかで一所懸命文を組み立てているようでは、

いつまでたってもスムーズに疑問文を言うことが出来ません。

 

疑問文を作る練習方法

さて、それでは実際に瞬時に

疑問文を作れるようになるための練習方法ですが、

一つ提案させて頂きたいと思います。

 

オンライン上には沢山の英語の会話文が検索出来ます。

試しに「Business English Dialogs」などのキーワードで検索してみましょう。

ありとあらゆる仕事関係の会話文が検索で引っかかるでしょう。

 

ここで一つのDialogを取り上げてみます。

– Improving Brand Image

Susan: George, I was wondering if we could discuss our new marketing strategy for a moment.
George: Certainly Susan. You know that I’m working with Anne on changing our image, don’t you?

Susan: Yes, I think you’ll make an excellent team. How do you feel about the merchandise we’re pushing?
George: In my opinion, the products were offering are fine. However, I think we should concentrate on expanding our market share in the young adult market.

Susan: I totally agree. Who buys more products than twenty somethings?
George: Exactly. We haven’t been very successful in our branding efforts, have we?

Susan: I’m not keen on changing our target audience, but we certainly have to improve our brand image.
George: If we want to edge out our main competitor, we’re going to have to target customers at a younger age.

Susan: Maybe, but we also have to keep our competitive edge in quality.
George: Why don’t we all get together for a discussion?

Susan: Can you let me know when your next meeting with Anne is going to be? I’d like to go over some of our restructuring ideas with both of you.
George: As a matter of fact, we’ll be meeting this afternoon. Let’s meet at four, shall we?

Susan: I’m afraid I already have an appointment then. Do you think we could meet earlier?
George: Well, I’ll have to check with Anne.

 

これらの太字の部分がいわゆる疑問文の頭の部分です。

こういうパターンで沢山練習できます。

これらのパターンを使って色んな事を聞けるように

練習してみましょう。

 

How do you feel about what I said at the meeting?
How do you feel about the event we joined the other day?
How do you feel about the taste of this restaurant?

 

このような感じで同じフォームを使って、

出来るだけ沢山疑問文を作っていきましょう。

そうしているうちに、

この疑問文のフォームは

「こういうニュアンスを出したい時に使える」

という風にイメージと一緒にインプットされるようになります。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ