私がカリフォルニア留学中に行ったアルバイトの見つけ方 

こんにちは。Makoです。

今日は私がカリフォルニアに留学中に行った

アルバイトや仕事の見つけ方を紹介したいと思います。

 

1)学校を利用する

私が大学内のランゲージセンターで

日本語のチューターの仕事を見つけたのは、

学部の生徒に配信される学部長からのメールでの

求人のお知らせでした。

ずっとやりたかったことなので即行動して

必要な書類を指示通りに提出し

チューターのポジションを獲得しました。

キャリアセンターというお仕事探しを

サポートするセンターが大学内にあるので、

積極的に行ってみると色々と情報をくれるのでオススメです。

001

2)ネットで探す

職種や住む地域にもよりますが、

ウェブサイトはかなり助けになります。

ロサンゼルスのような大都会では

日本人も多いですので、びびなび (ロサンゼルス)

などの生活情報サイトはとても役立つと思います。

学生okで募集を出していたり、

インターンをさせてくれる会社もあります。

私はウェイトレスのアルバイトをするために

びびなびの求人欄に2回くらいお世話になりました。

Upwork.com、Linked in、Craigslist、indeed.comも

活用できると思います。

ボランティアの国立公園のパンフレット翻訳のお仕事も、

私の大学が管理している生徒用の求人情報が

乗ってあるハローワーク、indeed.com的な

ウェブサイトを利用してネット上で応募し、

採用にいたりました。

upWork

3)直接会社に行ってみる

自分で直接興味のある会社に行って

聞いてみるのもありです。

私は何件も(レストラン)電話をかけたり

実際行ってみて直接アルバイトを

募集しているか聞きました。

ウェブサイトに乗せていないところもあるので、

最終的な手段です。

002

4)人と繋がる

スタバに行って知り合いになって

仕事を貰ったということが2回程ありました。

ちなみにこの仕事というのは、

定期的にスタバで日本語の授業の課題を

添削するのが一つと、

地域の美術館の展示作品やアーティスト募集に

関するお電話をいれるのがもう一つ。

はっきりいって仕事といえるかどうかわかりませんが、

いい経験になりましたしそれなりの給料も頂きました。

びびなびを通して1度お会いした人から

しばらくして映画脚本の翻訳を頼まれたこともありました。

数ヶ月かかりましたが最後までやらせて頂きました。

お仕事を貰うために繋がるということではないけれど、

人と繋がることでこんなことが起こることもあります。

moviestudio

失敗もあるかもしれませんが

いろいろ試してみて下さい❗

The following two tabs change content below.
KunisawaMako

KunisawaMako

全てが英語である環境で教育を受けることに魅力を感じ、カリフォルニアの州立大学に正規留学する。大学時代にガイド通訳、脚本翻訳、日本語チューター、ウェイトレスのバイトも経験し、授業の勉強も楽しみながら大学生生活を送る。帰国後は留学経験を生かし、地域の国際化に貢献する為に活動中。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.