ネイティブの発音が聞き取りにくい理由、ストレスを置かない母音は全て曖昧化する

今日はネイティブ発音が聞き取りづらい理由の一つをお話します。

まず英語には大きく分けて3種類の母音が存在します。

スクリーンショット 2015-10-21 10.17.40

  1. Front Vowels:[ee] [e] [a] などエッジの効いた音
    (例)Eat an apple. [ee-tuhn-na-puhl]
  2. Back Vowels:[o] [aw] [oo]などのマイルドな音
    (例)Walk to school. [wawk-tuh-skool]
  3. Central Vowels:[uh] [er] などの曖昧音、またストレスを置かない音全般
    (例)Take a class.の[a]の音 
    [teykhuhklas]

 

今回はこのCentral Vowelsについての役割について

少し説明したいと思います。

 

日本人の英語発音の特徴として、

「発音しすぎ」という事があるのです。

要するに一所懸命発音しようとするあまり、

力の抜きどころを知らない人が大多数です。

 

Central Vowel「曖昧な母音」です。

ストレスを置かない母音は、ほぼこの母音となります。

なので、「力の抜きどころ」となるわけです。

 

例えばこのフレーズを発音してみましょう。

He is an incredible man.

 

おそらく殆どの人が発音記号どおり、

[hee-is-an-in-cre-di-bul-man]

と、全ての母音をしっかりと発音しようと

してしまうんじゃないでしょうか。

 

これでは英語らしい発音にはなりません!

まず、ストレスが必要です。

He‘s an incredible man.

太字の箇所はしっかりと母音を発音する所です。

そしてそれ以外の音を全て曖昧に発音します。

[hee-zuhn-nin-kre-duh-buh-man]

本来[an]の発音は[aen]となっていますが、

実はフレーズ発音では

冠詞にストレスを置くことはあまり無く、

実際は[un]という風に曖昧に発音します。

 

さらに詳しくはこちらの動画をご覧ください。

これでかなりフレーズ全体の発音が

変わったんじゃないでしょうか。

 

ストレスを置かない母音は全て曖昧化させます。

それによってよりストレス音がハッキリするわけです。

 

発音を単語単位で捉えていたら、

ネイティブの発音は聞き取りにくく感じるでしょう。

これがその理由です。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.