英語力を向上させるために、 どうして発音を学ぶと良いのか?

「英語力を向上させるために、
どうして発音を学ぶと良いのか?」

how-to-improve-english-pronunciation

今日はこれについてお話させて頂こうかと思います。

 

私にとって皆さんに発音レッスンを通して一番身に付けて頂きたい事は、

「完璧な発音」であったり、「ネイティブ並の発音」ではありません。

そりゃ、発音は綺麗にこしたことはありませんし、

その方がしっかりと相手に伝わるでしょう。

 

でも、もっと大切だと思うことは、

「ネイティブが話す英語の音を “ある程度” 再現できる発音力」です。

 

ネイティブが話す英語の音やリズムを、出来るだけ忠実に再現する。

これが最も自然な形で英語をインプット出来る方法だと思っています。

 

日本人がスピーキングが苦手な理由

私たち日本人は性質上、

どうしても文法の正確さや、各単語の正確な発音に捕らわれてしまいます。

特に文法に必要以上にこだわり、

頭のなかで英単語をパズルのように組み立てながら、

英文を組み立てていきます。

 

しかしこれではあまりに面倒で、英語を話す時に大きな障害になってしまいます。

 

そして英単語を無理やり文法に当てはめた文は大抵不自然な表現となり、

実際あまり通じないものになってしまうことの方が多いでしょう。

 

伝わる英語とは

伝わる英語を話すには、よく使われる表現を音で覚えておくことです!

そして状況に合わせてそれらの表現を出してこれるようにしておくのです。

なのでひたすら英語の音やリズムと慣れ親しむのが良いわけです。

その音やリズムに言葉の意味があります。

そういうものが相手に一番伝わりやすい英語となります。

 

この様に、より英語を自然な形でインプットする為に、

英語の発音トレーニングを行うことで、

英語力を総合的に向上させる基礎力を養うこととなり、

とても意味のあるトレーニングとなると考えています。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Dr.Dの発音レッスン動画が見放題!

Leave a comment

Your email address will not be published.




Facebook
Twitter
Google+
https://dr-d.jp/2015/11/17/english-pronunciation/">
RSS
Follow by Email