ingのgは発音しない?英語の発音を簡単にする方法

前回の記事に引き続き、実際には発音されない音について。

動詞に付いたingの最後のgは通常発音されません。

この音をしっかりと発音してしまうとかなり邪魔になり、

全体のイントネーションを乱してしまいます。

 

例えば、interesting。

カタカナで発音すると、インタレスティング アイディアという風になります。

これだと全部で10音発音しなくてはなりません。

しかし実際は、(in-teruhs-tin-nahy-deer)

という風に5音で表現されます。

 

英語をカタカナで捉えてしまうと

この様に余計な音だらけになり、

やたらと長い発音になってしまう。

 

日本人にとっての英語発音矯正とは、

まずは余計な音を削ぎ落として、

発音を英語本来のシンプルなものにすることなのです。

 

そうすることで随分と英語が発音しやすくなり、

もっとシンプルに英語を捉えることが出来る様になります。

 

ちなみに動詞の原型の時点で語尾がingのもの、

singや名詞thingなどはgも含め発音されます。

sing a song (sin-guh-song)

the thing is… (thuh-thin-giz)

 

発音レッスンのスケジュールですが、

年末年始までスケジュールをアップデートしました。

ご予約はお早めにどうぞ^^

http://dr-d.jp/schedule/

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校の英語ボイストレーナー講師を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 新規会員登録
学習塾向けプログラム
学習塾向けプログラム:地域唯一の「発音クラス」設置校になりませんか?他校との差別化が図れ「地域でオンリーワン」の学習塾になれます。発音に自信が無くても、Dr.Dの動画に沿って発音指導を行って頂くので大丈夫です。

Leave a comment

Your email address will not be published.