英語発音の仕組みは息が基礎を作り、その上で声が部分的に乗る

英語の発音の仕組みの話をします。

基本的に英語は子音がベースの発音です。

 

よって「声」よりも「息」の要素が大きい。

フレーズを通して安定した息を吐き出し続け、

部分的に母音(声)が乗るといった感じです。

 

そしてその「母音(声)」を乗せた部分がアクセントとなり、

英語のリズムを形作る重心となります。

 

日本語が母音中心の発音をするので、

どうしても母音の正確さに気を取られがちですが、

実は息が安定して出ていなければ、

その母音を効果的に乗せる事も出来ません。

 

今まで呼吸に注目してこなかった人は、

是非、息の吐き方に注目して英語を聞いてみてください。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ