英語は腹式呼吸(横隔膜発声)で発音する

英語を第一言語とする人たちの声質は、

男性女性問わず、

「声が太い」と感じたことはありませんか?

 

この「太い声」は呼吸法の違いから生まれます。

 

英語は喉を開いた状態、

あくびをしているときの喉の状態で発音すると、

ネイティブが英語を話す声に近くなります。

 

喉を大きく開いて息を吸い込み、

そしてその反動を使って息を吐き出しながら

フレーズを一気に発音します。

 

なので吸い込む息も一般的な日本人より、

深いところまで届きます。

 

横隔膜発声

この図のように、深く息を吸い込むと、

横隔膜が圧迫され下へ下がります。

その反動で息を吐き出しながら発音します。

 

この深い呼吸が太い声を作っています。

 

あくびをして喉を開き、

お腹をわざと膨らませて息を吸い込んでみましょう。

そして反動を使ってhahhh…と発音してみてください。

口内にしっかりとスペースを作って行います。

 

少し響きのある声が出ましたか?

響きの薄い発音は聞き取ってもらいにくいので、

出来るだけ声は響かせて発音しましょう。

 

こちらの動画でさらに詳しく説明しています。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.