TOEIC満点でもスムーズに英語が話せない人が多い理由

「英語の知識はそれなりに付いたけれど

なかなか英語がスムーズに話せるようにならない」

 

こういった悩みをもった英語上級者の方は、

とても多いのではないかと思います。

writing-mode-syndrome1

実際TOEIC満点に近い方でも、

話すとなると簡単な表現でさえ、

スムーズに話せない。

そういう方のほうが多い気がします。

 

その理由の大部分が、

「英語のインプットの仕方が不自然だった」

という事でしょう。

 

英語を音で捉えずに、文字で捉えていた方が、

ほとんどかと思います。

それは試験英語スタイルの名残でしょう。

toeic

入試、TOEICなど、

文法ばかり気にして勉強してきた結果、

文字がないと理解出来ない様になってしまう。

そして英語をどうしても日本語に訳して考えてしまう。

 

英単語をいちいち文法に当てはめて、

話すようではとても非効率です。

 

英語は音で覚えている表現を、

積み重ねながら話せることが理想的です。

 

特に私たちは漢字圏出身なので、

どうしても音よりも文字に頼ってしまいます。

感じは文字そのものに意味やニュアンスが含まれる。

 

しかし英語のスペルはそうではありません。

英語は音に意味やニュアンスを含みます。

dc9KA7eqi

そうすると一番効果的なインプットは、

「英語を音で捉えて、そのままの音で再現する」

そうすると単語を並べて話すような感覚は無くなります。

 

何故なら誰も単語単位で発音していないからです。

英語は表現単位を一塊で発音します。

 

そうすると単語同士のリエゾンなんて、

考えることも無く当たり前になってきます。

 

詳しくはこちらの動画でも説明しています。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.