リエゾン、リンキング、英語の音が繋がる理由と練習方法

英語の発音で日本人が苦手とするものの中に、

「リエゾン」というものがあります。

 

これは音が繋がることで、

例えば、

“What about you?”と発音すると、

“whah-da-bou-you”

のように4音で発音されます。

 

これが英語が音が繋がって聞こえる理由。
 
これを自分でも自然に再現できれば、
 
もっと英語が聞けるようになります。

しかし多くの日本人の場合、

これを、”what-a-bout-you”

の様にプツプツ切れた発音をしてしまいます。

 

これをもっと英語らしく

スムーズに発音するためには、

単語一つ一つを発音しようとせずに、

一息で一気に塊を発音することです。

 

例えば、声を出し続けながら、

whah〜da〜bou〜tyou

と言ってみましょう。

 

英語は基本的に塊単位で発音され、

息を吐き出しながら一気に発音されます。

 

なのでそれぞれの単語の語尾と

次の単語の頭とが繋がってしまいます。

 

この動画で練習方法を紹介しているので、

練習してみてください。

 

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.