2016年明けましておめでとうございます。A happy new yearは間違いなのか?

新年明けましておめでとうございます!

Happy New Year

本年も宜しくお願いします(^O^)

さて、よく年賀状に書かれる、

“A happy new year”ですが、

通常、Aは要らず、

“Happy new year”というのが一般的。

 

“A happy new year”「幸せな一年」

“Happy new year”「良き新年を」

という感じでしょうか。

 

“Wishing you a happy new year”

という時は”A”がつきますね。

これはつまりこういう事。

wishing you 「願う」、a happy new year「幸せな一年」

と、この様な塊です。

 

単純に「明けましておめでとう」と表現したい場合、

“Happy birthday!”と同じ感じで、

“Happy new year”となります。

 

皆さんはどんな新年を迎えられましたか?

ゆっくりと休まれましたでしょうか?

 

私はと言いますと、

昨日、人生初スノボにチャレンジ!

 

神戸スノーパークが近所にあるんです。

なのでやらなきゃ損、ということで、

初心者向けレッスンを予約し、

帽子やゴーグルまで買って準備も万端だったのですが。

 

急にジェット噴射の様な嘔吐に見舞われ、

寒気が吹雪のごとく体中を駆け巡り、

「まさかの2回目のノロ!?」

という状況で、寝込んでしまいました。

 

こういった流行りには敏感です。。。

インフルエンザも毎年流行先取りします。

しかし治りは異常に早く、

しょうが汁を飲んで、葛根湯を飲んで、

一晩寝ると、回復することが多いのですが。

 

さて、今年のレッスンですが6日から開始致します。

まだ午後と夜間に若干の空きがありますので、

予約がまだの方はこちらからどうぞ。

発音レッスンの予約ページヘ >

 

 

新年早々、東京出張や

年末調整の資料の作成や、

日本語の殆ど分からない新入生の

アルバイト先の開拓やら、

大忙しの予感です。

 

何処かにありませんでしょうか、

都内で日本語が出来ない留学生のアルバイト先・・・(*_*)

 

というわけで、

本年が皆さんにとって

実りのある一年となりますよう、

お祈り申し上げます。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.