英語を文字でなく発音で覚えることで、スムーズに話せるようになる

英語表現を「発音」で覚えると瞬発力が付く

英語表現は発音で覚えておく事が大切です。

そしてその発音と表現のイメージを

関連付けましょう。

 

こんな感じで。

giving-up-on-books-350x3001

 

そうすることで、

表現をスムーズに引き出し

使う事が出来るようになります。

 

特に”It doesn’t matter if …”とか

”I don’t mind if you…”などといった

文頭の表現となるものは

瞬発的に発音出来なければ、

話の本題が伝わる前に相手に

話をくじかれるか、

また自分が言葉を見失って

最後まで内容を伝えられなく

なってしまいます。

 

何故なら、

これらの表現の場合、

文頭の表現の後に本題が来るからです。

(例) ”It doesn’t matter if … you don’t like my friend”

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.