あたりまえ?英語を『言語』として捉えていますか?

英語を“言語”(コミュニケーションのツール)としてとらえることはできていますか?

cafe

 

日本人は英語を“言語”としてではなく“教科”の一つとして学んできた人がほとんどではないでしょうか?私も義務教育のなかで英語を学んできて特にそんなことも考えたことはなかったのですが、いろいろ海外で生活しコミュニケーションのツールとして英語を使っていく中で、英語は日本語とまったく同じような“言語”なんだ、とあらためて感じることがたびたびあります。英語を日本語のような“言語”として捉えることができるようになると英語を話す敷居が低くなると思います。英語は言語ってあたりまえじゃないか、っておもいますよね?

 

日本語のはなしになりますが、

たとえば普段話すときにできるだけ短くはなそうとしていませんか?

「あれ」 とか 「それ」 とか、

あいまいな言葉をたくさんつかっていませんか?

 

普段どれくらいの文のパターンをつかっていますか?

普段どれくらいの語彙をつかってますか?

 

ぜひ自分が普段の会話でどういう語彙をつかっていてどれくらいの語彙を使っていてどんな日本語をはなしているのか考えてみてください。すごくシンプルなはずです。笑 なぜならそれだけでコミュニケーションが成立するからです。なぜなら人間はめんどくさがりやなのです。笑

 

さてさて英語のはなしにもどりましょう。

英語を話す人はどうでしょうか?

日本人が習うような文法すべてを駆使して普段会話しているでしょうか?

毎回まいかいちがう言葉をえらんでつかっているでしょうか?

 

答えはNOです。

 

日本人が日本語を話すときのように英語を第一言語として話す人たちは英語をはなします。

なぜなら英語は“言語”だからです。

 

英語をはなすひとたちもなるべく短くはなそうとします。

人それぞれ口癖だったりよく頻繁に使う言葉があります。

同じパターンの文法でたくさんはなします。

シンプルに話します。

ということでこれから数回にわけて英語を“言語”として捉える記事をかいていきたいと思います。

 

*これは日常会話でつかっている英語、日本語の場合です。

The following two tabs change content below.

Seidai Yamada

Seidai Yamada

認定シニアトレーナー

【Brigham Young University–Hawaii, BA TESOL 卒】
在学中はアジア人の英語発音習得に関する研究を行い、TESOLのPresidentも務めたDr.Neil J Andersonに師事。TESOL国際会議で研究発表も行う。

また2015年から発音トレーナーDr.Dのもとで【英語声プログラム®】の発音教授法を学び、現在ドクターDイングリッシュのシニアトレーナーとして大企業の英語研修なども担当している。受講生から寄せられた数多くのレビューからも、その実力が見て取れる。

Leave a comment

Your email address will not be published.