【動画】元受講生が英語声の「アクビ発声」を検証してみました

どうもこんにちは、青森県弘前市在住のケンジです。

留学中自分の発音の悪さで、少し自分に自信が持てませんでした。

特にクラスで発表する時は、クラスが静まって、その間が大嫌いでした。プレゼンの時は、アクセントをネタにして笑いをとった事もありましたが、その度に自分の英語ってまだまだなんだなって思ってました。(今も思いますが。。。)

大学のプレースメントテストで、スピーキングのテストを落とし、スピーチセラピーを取らされたり、自分でフォニックスを練習しても、日本人だと容易に特定できる発音でした。

何か違うのか、やっぱりアジア人だから骨格が違うから、英語の声が出せないのかとまで考えました。

しかし、アジア系アメリカ人は、発音は完璧なネイティブです。そこで、アジア系アメリカ人の声を自分なりに彼らの言語を話す時と、英語を話す時を比べてみると、完璧なバイリンガルの人は、声そのものが違うと気づきました。まるで別人で、びっくりしたのを覚えています。彼らの英語を話す声が、もう一つの言語を話す時より、圧倒的に響くなと、直感的に思いました。

どうやったら響くのかとか考えて試行錯誤を重ねて、独学で練習していました。

日本に帰ってきて、Dr.Dの英語声プログラムを見た時は、私の思っていた事をプログラム化していて、すごく感銘を受けて、受講し現在に至ります。

まだまだ私も勉強中の身ですが、私なりにこのプログラムにある内容を検証していきたいと思ってますので、今後もブログのチェックをよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
Kenji Chiba

Kenji Chiba

アメリカプロスキー連盟公認上級インストラクター資格保持。

地元弘前の高校卒業後、大学はアメリカに進学。ミズーリ州ケープジラードのサウスイーストミズーリ州立大学でレクリエーションマネジメントを専攻。大学の卒業旅行で訪れたコロラド州のスキー場で、スキーの素晴らしさに目覚め、就職内定を蹴り、プロスキーヤーになる為コロラド州ブリケンリッジスキースクールで2シーズン程修行し、アメリカでプロスキー連盟公認上級インストラクターとなる。

また在米中、英語の発音が原因で色々と苦い経験をしたことから自らの発音を見直すことを決意、特に違いを感じた「声」に注目し、発音を徹底的に研究し矯正する。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ