発音スカイプレッスンは35%が海外、国内では東京、神奈川、京阪神に集中

海外から発音レッスンを受けている方が意外と多い

今年スカイプ受講の発音コースを受講された方(体験含む117名)の居住地域の統計をとってみました。そしたらなんと35%もの受講生が海外からでした。そしてその中でもアメリカが13%も占めていました。

このデータに顕著に現れているのは、日本で英語を勉強している人よりも、海外で実際に英語を使って生活している人のほうが圧倒的に発音に対して悩みを持っているという事です。

アメリカは駐在員が多く、カナダとオーストラリアは留学生が多い傾向にあります。日本で英語を勉強していたり、また英語を使って仕事をしている人口に比べて、海外住みの日本人は圧倒的に少数ですが、発音を意識している割合は日本住みより海外住みが圧倒的に多いという事が分かります。

日本で英語を使っていると多少発音が悪くても、相手が日本語発音に慣れているケースが多いので比較的通じてしまいますが、海外に行った途端に全然通じない!と、ショックを受けたという経験談はよく聞く話です。

それだけ日本語ベースの英語は世界では通じないという事でしょうか。

country

国内で発音を意識しているのは東京、神奈川、京阪神に集中

下のデータは海外を除いた日本国内だけのものです。やはり東京を含む関東が一番多く、その次に大阪を含む関西です。関東の人口は4200万(内東京都が1300万人)で関西の人口は2200万人(内京阪神1900万人)。人口比がそのままデータに反映されています。

しかし中部地方の人口が2100万、人口比の割には少なめでした。九州と沖縄の人口は1500万ですが、これもまた人口比で見ると明らかに少ない。

ちなみに関東と関西の内訳ですが、関東の7割が東京で2割が神奈川、関西は大阪が7割、京都と神戸で2割程度です。よって全体の7割が「東京、神奈川、京阪神」という結果でした。あとは万遍なくという感じですが沖縄は一人もいません。

都市部に集中するのは人口から考えても当然ですが、それでも「東京、神奈川、京阪神」以外の地域では圧倒的に少ないという結果となりました。

japan

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.